『 小雨日和 』






 この間  小雨が降る休日に




   福岡にある 山の上の 雷神社と



    海側にある 櫻井神社に いってきました







  


 神さまの名前や 神社の由来には 




    看板を いつ読んでも


      ん 。。。?   となっちゃうけど 
    


  

   むかしから 神社にいくのは 大好きで 

 




   たぶん 神社がもつ空気感には




    よその土地の者でも


   いつでも 受けいれてくれる 寛大さと 





  何十  .・゜. 何百と


   その土地で 見守ってくれている ご神木の息吹が 



    心を 安らぎにかえてくれるからなのかもしれません  ・゜。.




    

c0365996_11493614.jpg








  だから まずは お参りをして



     神社の なかに お邪魔します .・゜・  



  



c0365996_11494206.jpg


 


    なかに入ると




  本殿のなかに飾られた


   ひとつの写真に 映りこんだ こんな光や






c0365996_11494820.jpg

 






   こんな ところにも 惹かれてしまう








  でも きっと 好きなものには 深い理由は いらなくて




      『 すき 』





     ただ  それだけで 



じゅうぶんに 心は 充たされてしまうのかもしれません .・゜.








    あっ  ^^ そういえばですねぇ 

 

  あとに行った 櫻井神社では


  
      こんな 偶然にも 出逢えました .・゜.






  前回  ちょっと心配していた


          『 6月の 花嫁 』 

   



 小雨が まだ すこし降る


         平日の静かな 昼下がり  





 そぉ .゜・ っと

   そぉ  .゜・ と 神社の片隅で



       結婚式が おこなわれていました  







c0365996_11495586.jpg





  

   真っ白な 長いベールが とても印象的で


 



 偶然   この場に居合わせれたことに 


    
    とても 感謝する ひとときでした 








    ほんとうに  よかった  .゜。・  *


   









いつも みなさんの大切なお時間を ありがとうございます .゜。・









       


 6月にはいり

 
この月は わたしにとって

いろいろな過去が 詠みあがりやすい月にも なっています
 

 いまでは いい想い出に なったもの


まだまだ 近すぎて

想い出に なりきれてないものも あるのですが



 でも 、きっと これは 

 その人との 会話のなかで やりとりされたものが


 まだ わたしの心の片隅に 


  残っているからなのかもしれません 。。。




 言葉  そして、 眼から映りこむものの影響って



いい意味でも わるい意味でも 


その時の自分の心に 響いていたのなら 



 なおさら いつまでも 


忘れることは 出来ないのかもしれませんね



 
  












  
[PR]
# by kotohanoha | 2015-06-11 15:31 | 季節 | Comments(24)

 『 静寂 』





  静かな 静かな 山の奥 


    
    

    霧深い 道をはしっていくと


  遅咲きの紫陽花が でむかえてくれました  .゜。





c0365996_09522080.jpg





   静寂  。。。





 どんなに耳を 澄ましても 静まりかえった その場所では




 間違って はいりこんだ人間の方が


      自然の邪魔を しているようで 





 目の前に はられた 蜘蛛の巣が

 
 

    まるで 紫陽花を守っているかのような 。。。



     そんな 気持ちに なりました  









           ( これは 以前の写真です )


  
 いつも みなさんの大切な お時間を ありがとうございます  .゜。





  前回の 紫陽花の写真では


 いつもとは 違った 言葉を投げかけてしまったこと

  
  ほんとうに 申し訳ありませんでした 💦




 じつは ここ最近 ...



   写真を 見ていただきたくてはじめた この空間が
   


わたし自身


 写真よりも 言の葉の方が 大きな存在に なってきているような ... そんな気がして



    ん 。。。  と




わたしの中で


 すこし違和感を 感じはじめてしまっていたんです ...



   
   
  そこで


  写真に 少ない言葉だけを載せられている方のを 拝見させていただく時に





 不思議と 自分の空想の世界が広がる事が  わたし自身、多かったもので


    

 もし わたしの写真なら どう感じていただけるんだろう 。。。 と 知りたくなり



   今回、 失礼を承知で わたしのわがままに


  みなさんのお力を お借りした次第でして … 




 ( たいした 写真を撮っているわけではないのに 

ほんとうに 申し訳ありません 。。。 なんて奴だぁ まったく … )
   
   


    でも ただ



今回 お言葉を残していただいた みなさんの世界観を お聞きしていて



  十分すぎるほどの 想像のお言葉と 

 

  感じてくださったことに 教わることも多くって  .゛。




  そして この写真をとおして 



わたしなどに とても大切なお話しを


聞かせていただけた事に ほんとうに感謝しているんです  .・゜・





   お言葉を 残していただいたみなさん 


 ほんとうに ありがたいお言葉を 残していただいて ありがとうございました  .・゜.



   
    
    そして 


わざわざ いいね や ご訪問いただいたみなさん 



    お付き合いいただいて ありがとうございました  ・゜.・





   今回のことで 少しだけ


 自分のなかで 求めているものがわかったような 気がします  ^^


  




   最後に  前回の紫陽花の写真 




 わたしは こんな言葉が 浮かんでいました 。。。



   
c0365996_11072854.jpg


     『 六月の 花嫁 』



 
  幸せに なろうと 決めていたのに


     心のしがらみが 邪魔をする  





  このまま 黙っている方が よいものか ...



   もう 応えがでないのは  わかっているのに 。。。






   いつも 長文を書いてしまって すみません ・・・






   みなさんにとって よい週末と なりますように .・゜.




  
  
[PR]
# by kotohanoha | 2015-06-07 06:00 | 蜘蛛の糸